プロミス 審査時間

消費者金融で借りるならやっぱりプロミス|早い審査時間も魅力

消費者金融ならプロミスが良い

消費者金融のカードローンキャッシングを利用するとした場合には、複数ある借り入れ先からどこを利用するか決めなければなりません。安心と信頼の大手サービスに限ったとしても複数の選択肢があり、TVCMでみかけるような知名度の高いところといってもプロミスやアコム、アイフル、モビットと有名なサービスがあります。

 

借りるならプロミスで考えたい

 

現在の消費者金融は貸金業法の総量規制による厳しい規制のもとでの業務となっているため、各消費者金融ではそれぞれ大きな違いがなくなっているのも事実です。金利に関してはどこで借りるにも上限は大手なら17.8%~18.0%となり、下限金利ではいくらかの差があるものの、実際に借りる際に適用がされ得る上限金利だと各消費者金融で違いはありません。

 

審査時間に関してもそこまで大きな違いはなく、プロミス、アコム、アイフルではそれぞれ最短30分の審査回答、融資時間に関しても最短1時間と早さの面であっても違いはありません。

 

しかし、その中でもプロミスには何かと優れているとされるポイントがあります。その結果として大手の消費者金融の中でもプロミスが選ばれているので、困ったときにはプロミスで借りる安心と信頼の消費者金融カードローンの利用を検討してみましょう。

 

プロミスの基本情報を確認
サービス名 プロミス
運営元 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
金利 実質年率4.5%~17.8%
限度額 最大500万円
審査時間 最短30分回答
融資時間 最短1時間融資
審査可能時間 9時~21時

本来は避けるべきですがすぐに借りたくて借りすぎてしまった場合や、収入状況の変化などによって今までは行えていた返済が負担となってきてしまった場合には、早めに正しい対処を行っておく必要があります。

 

返済が苦しくなったらすぐに借金の整理、つまり債務整理などとすすめてくる場合もありますが、それはあまり正しくありません。たしかに債務整理は苦しい借金返済の整理に有効ではありますが、どうしてもデメリットが大きすぎます。

 

債務整理を行うことによって信用情報機関には事故情報とされるネガティブな情報が記録されることになり、その結果として数年間は信用情報に重いハンデを背負って生活を送らなければなりません。

 

新規でカードが作れない、賃貸マンションの契約をするとしても保証会社が信販系となっていれば審査に通らないなど、とにかく多くの部分で不便を強いられることとなります。

 

どうしても返済ができないとなれば仕方がありませんが、返済がまだできている、苦しいながらも何とかなっているのであれば債務整理は考えるべきではありません。それとは別の方法での解決を考えてみるべきで、そのうちの一つが低金利への借り換えです。

 

特に多くの方が悩まされるカードのリボ払いでの返済は借り換えが有効とされており、リボ払いから低金利の銀行カードローンへの借り換えで毎月の返済が軽くなり、最終的な支払い総額も大幅に圧縮がされる可能性があります。

続きを読む≫ 2017/09/11 11:49:11

どのような理由であれ、お金が必要となるからこそ消費者金融や銀行のカードローンに申し込みを行うわけですが、最近のカードローンキャッシングは手続きが手軽でありすぎるため、どうしてもしっかりと考えずに申し込みをしてしまい、契約と借り入れまで進めてしまいがちです。

 

スマホでも行える来店不要の申し込みからWeb契約、銀行振り込みの融資と一度も店舗や契約機に行かずとも当日中にも借りられてしまうので、ある程度は仕方がない部分はあります。

 

しかし、仕方がないからといってお金を借りるという行為自体を軽視するのは危険で、お金を借りる、つまり借金をするのだという自覚に関しては申し込み時にしっかりと持たなければなりません。

 

お金を借りる借金の契約は、その後の利用内容によっては信用に大きく関わることとなります。個人間のお金の貸し借りでもしっかりと返してくれなければ信用を落とすように、消費者金融や銀行から借りる場合においても当然ながら同様です。

 

同様というよりも遥かに重いと言え、返済に関するトラブルを起こすことでJICC、CIC、全銀協といった信用情報機関に大きなネガティブな情報を残すこととなってしまいます。言わばブラックの状態となってしまうので、今後のローンやカードの契約が行えない事態を招いてしまうのです。

続きを読む≫ 2017/09/11 11:49:11

プロミスでは初めてプロミスのカードローンキャッシングを利用する方を対象として、借り入れの翌日から30日間が無利息となるサービスを実施しています。借りた次の日から30日間は利息がかからないので、簡単に言えば初めての利用時においては初回の返済に利息がかかりません。

 

消費者金融であるプロミスは、グレーゾーン金利がなくなったとは言っても銀行カードローンと比べるとどうしても金利は高くなってしまい、上限で年17.8%の実質年率がかかります。決して安くはない利息が一定期間とは言え、ゼロとなるのは非常に大きなサービスとなります。

 

一定期間の無利息融資は他の大手消費者金融でも行っており、じつは今では一般的なサービスとなっています。しかしそれでもプロミスの無利息融資が優れているのは期間が借り入れの翌日からとなるためで、契約後にいつに借りても期間を無駄にしないのが大きな利点です。

 

同様に30日間の無利息や金利ゼロサービスを行っているアコムやアイフルは、借り入れではなく契約の翌日からの無利息期間のスタートとなります。契約当日にすぐに借りるのであれば問題はありませんが、契約をしてからお金を借りるのは少し後、または今後の備えとしての利用を考えている場合には契約をしてすぐに借りるわけではないので、無利息の期間が無駄になります。

 

プロミスなら契約をしてから一週間後に借りてもその翌日から30日間が無利息となるのに対し、アコムやアイフルは契約の翌日からとなるために一週間分を無駄にします。その間の利息差で考えるとプロミスは無利息期間を含めてであれば、他の消費者金融よりも金利負担が若干は軽くなるとも言えます。

続きを読む≫ 2017/09/11 11:49:11

早くにカードが受け取れるプロミスの契約機での手続きには、いくつか気をつけておかなければならない点があります。しっかりと知ってから手続きを進めないと失敗をしてしまい、その日のうちのカード発行とはならない場合があるので注意が必要です。

 

基本としては、ネットでの申し込みはミスなく正しく進めるという点です。ネットでの申し込み時に入力内容のミスがあると、その後の契約機での正式な契約手続き時に提出をする書類と相違が出てしまい、確認のために時間を要する場合があります。

 

すぐに確認が終わる程度の簡単なミスであれば良いのですが、大きな間違いとなると審査自体のやり直しとなってしまったり、虚偽申し込みとして全ての手続きが取り下げられてしまう可能性すらもあります。

 

審査のやり直しとなるとそこから再び審査回答が出るまで待たなければならず、プロミスの審査可能時間は平日も土日も9時~21時までとなっているので、21時以降に契約手続きに契約機まで行った場合にはその日のうちの審査が不可となってしまいます。

 

契約機の営業時間は22時までとなっているのもうれしい反面で厄介で、審査は21時に締め切ってしまうために先に審査をしっかりと終えておかないと契約機が営業をしている時間であってもプロミスの契約が行えないのです。

続きを読む≫ 2017/09/11 11:49:11

お金をすぐに借りたいとき、今すぐに現金が必要なときにはプロミスに注目です。各消費者金融とも今では最短即日融資、早いところではプロミスと同じく最短1時間融資となっていますが、その中でもプロミスが急ぎの際に良いとされている理由は契約機での手続きが進めやすいためです。

 

プロミスは日本全国に契約コーナーの設置があり、ネットでの申し込み後の手続きで平日でも土日でも最短即日契約も可能としています。その日のうちにその場で契約が行え、カードを当日中に手にできるために週末の申し込み当日の借り入れも可能となっています。

 

平日の昼間であれば多くの消費者金融は来店不要の銀行振り込みによるその日のうちの借り入れが利用できますが、銀行が休業日となる土日の場合にはそうはいきません。

 

消費者金融側が営業をしているとはしても銀行自体が営業時間外となると振り込みでの対応ができないため、土日では即日契約を行ったとしても振り込み融資は翌営業日以降、つまり早くても月曜日となってしまいます。

 

銀行振り込みではなく営業時間内に足を運ぶ契約機での手続きなら、今すぐに現金が必要でも対応が可能です。プロミスの契約機は設置台数が他の消費者金融と比べても多く、三井住友銀行のローン契約機の利用も行えるために合計での設置台数は非常に多くなります。

続きを読む≫ 2017/09/11 11:49:11